わきがの対策サイト!ワキガの原因をチェックしよう

わきがとは

ワキガ対策

わきがとは、ワキから臭う独特の臭いのことを指します。

 

臭いの違いはありますが、単に汗臭いというのではなく、不快な臭いを発生することで、本人も周りの方もわきがだと気がつく事が多いです。

 

わきがとは俗称であり、臭汗症、腋臭症という言い方もいます。

 

しかし、病気ではなく、あくまでも体質ということなので、わきがが原因で深刻な病気に発展することはあません。

 

わきがは、なる方とならない方がいます。
体質ですから、当然なのですが、わきがの原因は汗腺にあります。

 

人間の脇には、3つの汗腺があり、嫌な臭いを発生させるアポクリン汗腺からの汗が出た時に、臭いを発すると言われています。

 

正しい治療、日々の手入れによって、ある程度は抑えられると言われていますが、一度わきがになった方はなかなか治らないというのも現状です。

 

また、体質ということでは、遺伝するものとされています。

 

要するに、親のわきが(ワキガ)体質が遺伝したということです。

 

深刻な臭いなのですが、清潔にしたり、食べ物に気を付けたり、薬品などを施すことで、日々の暮らしのわきがを最小限度にする努力をすることで、気にならないようになると言われています。

 

もちろん医療機関での治療も効果が上がる方も大勢いらっしゃいますが、まずわきがの原因や対策をしっかりと知識をつけて生活改善をしてみましょう。

 

このサイトは随時情報を追加していきますので、勉強しましょう。


わきがの臭いの種類とは

スポンサードリンク

ワキガの臭いにはいくつか種類があります。

 

種類は3つのタイプがあり、硫黄臭、スパイシー臭、脂肪酸臭と言われています。

 

わきがが起こるメカニズムとしては、アポクリン汗腺からの汗と一緒にでる物質に、システインというアミノ酸の一種が結合します。

 

それに皮ふの細菌によって、分解され、臭いが発せられます。

 

この時に、汗腺からの分泌物によって、臭いの種類が分かれることもありますが、皮ふの細菌の種類もそれぞれの臭いの種類を分けるとされています。

 

人間の汗は、様々な状況によってでるもので、単に暑いだけではなく、焦ったり、恥ずかしがったり、ストレスなどでも発汗します。

 

そして、その時の状況に応じて、臭いの種類も変わるとされて肉ばかりを食べていると脂肪酸臭がきつくなると言われていますし、ストレスに参っている方もわきががひどくなる傾向にあるとされています。

 

自分がどんな臭いなのかを詳しく知りたい方は、調べてもらうのが一番ですが、少なくとも肉中心の生活を止めたり、ストレス解放をすることで、臭いのきつさを軽減することができるとされています。

 

それと、毎日清潔にしておく、デオドラント製品を駆使することで、臭いを抑えることはできます。

自分の臭いが気づかないことが多い

自分の臭いが気づかない

自分かわきが(ワキガ)だと気が付いていない方も多いといわれています。

 

これはいくつか原因があります。

 

わきが(ワキガ)は遺伝するものといわれていますが、もし、両親がわきがの場合、汗の臭いはこんなものだと思ってしまうことから、わきがに気がつかないことがあります。

 

また耳垢がベタついている人はほぼワキガとも言われています。

 

周りの方もそんなものだと思ってしまう思い込みです。
しかし、そんな方も他人から見ると明らかにわきがなのです。

 

鼻が悪い、臭いに敏感ではない、自分の周りにわきががいないなどで、自分とわきがに関して無関心な場合も見過ごすことが多いようです。

 

少なくとも、両親のどちらかがわきがの場合は、自分もそうかもしれないと疑ってみることです。

 

 

自分だけでわきがと気がついていなくて、周りはみんな知っていたということであれば、自分としてもかなり情けないことになります。

 

しかし、それであれば、ここからわきが対策をしていけば良いことです。

 

もしかしたら、わきがかも?そんなことを思った時には、周りの対応がおかしな時には、チェックすることが大事です。


スポンサードリンク

サイトマップ


 
 

 
原因について 対策について 食べ物について 治療について